組合の歴史


昭和36年 5月    「神戸室内装飾協同組合」として、兵庫県知事より認可
            初代理事長として、近藤忠吉氏就任
昭和37年〜昭和39年 (県)兵庫工業高校、商工中金姫路支店、相楽園、県庁等の
            室内装飾工事、家具など受注
昭和41年       現事務所に移転
昭和42年       日本室内装飾事業協同組合連合会 (日装連)に加盟
昭和44年       防炎ラベル取扱い開始
昭和50年       青年部発足
            機関紙 「インテリアひょうご」創刊
            組合名称を兵庫県室内装飾事業協同組合に改称
昭和50年 2月    姫路内装組合発足 (現 播磨支部)
昭和52年 2月    内装仕上施工技能検定・第1回実施
            神戸インテリアファッションフェアー、出展
昭和54年 2月    壁装作業技能検定試験実施
昭和56年       日装連内装士(インテリアデコレ−ター)制度発足 試験実施
昭和62年 5月    中兵庫支部発足
平成 元年 4月    卸部会発足
平成 元年 9月    工事部会、小売部会発足
平成 3年 1月    (県)神戸高等技術専門学院へ講師派遣開始
平成 4年10月    淡路支部発足
平成 4年12月    工事・小売部会発足
平成 5年 7月    (県)神戸高等技術専門学院 インターンシップ受入開始
平成 6年 2月    但馬支部発足
平成 7年 1月    阪神淡路大地震
平成 9年 5月    阪神支部発足
平成10年11月    青年部新体制で、活動充実化
平成11年11月    シニア−ワークプログラム開始
平成15年 4月    協力会員の正会員一本化への取組開始
平成15年 5月    兵庫県内装仕上技能士組合と統合
            兵庫県室内装飾事業協同組合・技能士会として発足
平成17年 9月    技能フェスタ2005に出展
平成18年 4月    協力会員の正会員一本化、完了
            組合員数 209社に
平成23年 5月    組合創立50周年 記念式典・祝賀会開催