池子理事、現代の名工を授賞 兵庫県へ報告訪問

2015/11/19 

当組合理事の池子直文氏が本年度の、『卓越した技能者』(現代の名工)を授賞されました。
大変喜ばしいことであり、ご紹介致します。
表彰式は、11月9日(月) 東京で行われました。
また、18日(水)  兵庫県産業労働部へ報告のため表敬訪問しました。
中央 池子氏 右側 石井部長様 村上局長様 左端 安部課長様

この度栄えある「現代の名工」を受賞し光栄に思うと共に身の引き締まる思い、また熱いものを感じます。素晴らしい先輩-仲間に恵まれ、業界並びに関係各位のご支援あればこそ思えば感謝の念でいっぱいです。ものづくりはいつも挑戦で終わりのないもの、これからも現役続行を続け、より一層自分に与えられた斯道の精進に励みます。

技能功績の概要

社寺建造物における装飾の象徴である箔彩色や極彩色を引き立てるため、素材の風味や風合いを活かす袋張り工法を駆使した金泊紙の施工に卓越した技能を発揮するとともに、和紙の壁紙や高級織物壁紙の表壁装施工による質の高い仕上がりを可能とする技能に優れている。また、直貼り工法が主流を占めるなか、袋張り工法の表壁装技能伝承にも取り組み、所属団体の行う施工講習会では自ら講師を務めるなど、業界の発展に果たした功績は大きい。